40代だからこそ活きるビジネスマンの基礎

40代だからこそ活きるビジネスマンの基礎

 上司も、大学以来の親友も、そして私も、周りはみんな40代で転職しています。人生やり残していることがあったり、最後の夢に賭けようと思うとき、この40代で決断しなかったら後はないと思うのだろうと思います。長年総務人事を経験する中で、要するにこれと似たような応募動機を口にする40代は、確かに多く見かけます。「40代の転職」を考えようとすると、まずそんな思いが去来してきます。

 

ビジネスマナーの欠如したビジネスマン

 先日目にしたネット記事に、秘書検定が40代、それも男性の就活者の注目を浴びているといのがありました。最近はビジネスマナーや職場での気配りの有無が評価の重要な用件となっているというのです。確かにビジネスマナーや気配りはなければ自分の能力や成果がうまく伝わるはずはありません。 にも拘わらず社内外文書の書き方や言葉の使い分けができないビジネスマンが非常に多いのには驚かされます。

 

女性の活躍が浮き彫りにする男性の欠点

 秘書検定ですが、今までなぜ就活準備期の女子学生に人気が集中していたのでしょうか。会社では女性だけがビジネスマナーをわきまえていれは、男性はどうでもいい、ということではないはずです。かつては、男は会社から外へ飛び出し積極的効率的な営業活動でお金を稼ぐ戦士であり、女性は営業活動を支援する立場で来訪者の応接、電話の応対・取り次ぎ、上司のお守り役でいい、といったビジネス環境があったのは確かです。しかし今は男性並みに、いやそれ以上に巧みにこなす女性もいて、男女関係なく、秘書検定で教えるビジネスマナーの再確認とさらなるスキルアップの必要性がでてきているのです。

 

まずは最低限のビジネス能力を

 そもそも求人の絶対数が激減する40代の転職では、人並みのスキル、実務経験、成功体験では他の転職者に差をつけることは難しいわけで、40歳まで会社勤めしてきたのだから今さら…と過信するのは禁物です。例えば先述したビジネスマナーしかり、漢字力や文章の書き方、尊敬語と丁寧語の使い分けや謙譲語の使い方など、試しに問題を解いてみると、知らないことの方が圧倒的に多いことに気付かされます。40代の転職と30代の転職は、特にこうした盲点を完璧に解消することこそ、他社に差をつける転職方法と思い、活動するとが重要なのです。

 

●参考サイト
30代だからこそできる転職
転職活動中の30代へ体験談などを紹介している。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 40代の転職5ステップ おすすめ転職サイト