40代の転職と有給休暇

40代の転職と有給休暇

退職前でも有給消化はできるのか

 

 40代で転職のために退職することを決めたとき、たまっている有給休暇を消化したいと考えるひとは、案外多いのではないでしょうか。労働基準法第39条によると、企業は採用から6カ月以上継続して勤務した社員が、全労働日の80%以上を出勤しているときには、退職前であっても、申請された有給休暇の取得を拒否できないことが明記されています。

 

 つまり、勤務先の就業規則に明記されていなくても、有給休暇の申請ができるということです。とはいえ、40代の社員ともなれば、後任者への引き継ぎ事項も多く、時間がかかることが予想されます。

 

 引き継ぎに必要な日数と自分が消化したい有給日数を算出し、希望する退職日から逆算して、早めに直属の上司に退職を申し出ることが大前提です。後任人事にかかる時間も勘案しておくと、よりベターでしょう。

 

有給消化にまつわるトラブルもある!?

 

 とはいえ、労働基準法で権利が認められていたとしても、退職前の有給消化に関するトラブルがないわけではありません。まず、有給消化を認められないケースです。

 

 後任者が決まらないので業務を継続してくれるように依頼されたり、必要な手続きを経ても「周囲に迷惑をかけてもいいのか」などと威圧する上司も少なくないようです。

 

 有給買い上げ制度などがあれば別ですが、そうでない場合は、直属の上司の上長や人事部にかけあったり、社内で相談相手がいないが愛は労働基準監督署で対処法を質問してみることをおすすめします。

 

 また、有給消化は認められたものの、賃金が支払われないというトラブルもあるようです。その場合はまず会社側に連絡し、きちんと対応してもらえないときには、労働基準監督署や弁護士・社会保険労務士に相談してください。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 40代の転職5ステップ おすすめ転職サイト