ブラック企業に入らないために

ブラック企業に入らないために

試用期間は企業からのテストと見るのは大きな間違い!!

 

 40代・50代と、昔の根性論を絶対視されているような時代に生まれた方たちにとって、目上の人の話や権力を持った人たちの話が絶対という考えが、無意識の内に頭片隅に眠っているという人は意外と多いようです。

 

 何か問題が起こり、回避しようとすると、根性がないとよく言われ、無理して倒れてしまうというケースはたた見られ、その最悪なケースが過労死です。

 

 試用期間と過労死なんて全く関係ない様な話だと思い価値ですが、意外と、試用期間中でも、もう跡がないと思い込んでいる様な真面目な40歳のあなたは、直結していたりする話でもあるのです。

 

 40歳ともなると、スキルやキャリアが十分に無いと、なかなか転職も難しいですよね。やはり企業は即戦力を求めているため、多くの40歳以上の転職希望者が、思ったような職種に転職することが出来ずに、最悪、生活苦に陥っていていたりするという話も耳にします。

 

 そういう人たちはより一層ラストチャンスと思い込み、企業から試用期間で雇用してみたいと打診があると、思わず飛び込んでしまったりしてしまうのです。

 

 しかも、視聴期間だからといって、テストを受けるかのようになんでも会社の言いなりになって、無理難題をクリアしようと必死になりすぎてしまうため、過労死という悲劇が起こってしまうという、話も決して起こりえないことではないのです。

 

 そもそも試用というだけでテストか何かと誤解し、また昔の権力絶対主義・根性論などを持ちだして、苦しくても耐えしのがなければならないと考えるその思考が全て間違っているのですが、彼らはその事に気が付かずに無理を強いてしまうのでしょうね。

 

 確かに試用という以上テストであることに違いはありませんが、決して全て言いなりになんでもこなす、重宝な社員であるかどうかを試しているわけではありません。

 

 そもそもこの試用期間は、企業と社員が本当にマッチング出来るのかどうかを試すものであり、駄目だと思えば、無かったことにすればいいだけの話なのです。その事をしっかり理解して転職活動して欲しいと願うばかりです。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 40代の転職5ステップ おすすめ転職サイト